ドライフードをふやかす方法とメリット・デメリットを解説!

基礎知識

子犬時期にはドライフードをふやかした方が良いと言われたけど、ふやかし方がわからないなぁ

ドライフードをふやかすのは犬の成長に良くないと言われたけど本当?

何のためにドライフードをふやかさなければいけないの?

今回はこのような疑問にお答えしていきます。

ドライフードの正しいふやかし方をご紹介するので、ぜひ愛犬の食事に役立ててください。

ドライフードをふやかすことで得られるメリットとデメリットの両方を知ることで、愛犬のために良い食事を与えられているかどうか見直すきっかけにもなりますよ。

スポンサーリンク

ドライフードをふやかす方法

ここでは2つのドライフードをふやかす方法をご紹介します。

  1. お湯でふやかす
  2. 電子レンジ

フードプロセッサーを使って撹拌してからお湯を使う方もいますが、酸化しやすく手間もかかるのでここでは省略します。

お湯でふやかす

まずは、お湯でふやかす方法を説明していきます。

測りを使ってドッグフードの量を測り、

約40度のお湯を注ぎます。

この時に使うお湯はなるべく一度沸騰させたお湯を使うと良いです。

お湯の量はドライフード全体が浸るくらい。

(我が家の場合は水分補給のため、やや多めに入れています)

シリコンラップやラップをするとドライフードがふやけやすくなります。

5分ほどふやかすとこんな感じになります。

犬の成長に合わせてふやかす時間を調整してください。

※私の愛犬は生後6か月が過ぎ、カリカリのドッグフードへ移行する最中のため硬めにふやかしています。

ふやかしたお湯も一緒に与えるのがポイントです。

電子レンジ

ドライフードに浸るくらいの水を入れたらラップをかけ、電子レンジで約30秒加熱します。

ドライフードの種類や電子レンジの機種によって柔らかさは異なるため、まだ芯が残るようなら10秒ごと追加加熱して調整しましょう。

電子レンジで加熱した場合も、残ったお湯は捨てずに一緒に与えるようにしましょう。

ドライフードをふやかす時の注意点

ドライフードをふやかす時には以下の3つに注意しましょう。

  1. 熱湯は使用しない
  2. ふやかしたお湯も一緒に与える
  3. 当日中に食べきる

熱湯は使用しない

ドライフードをお湯でふやかす時には、熱湯ではなく40~50度のぬるま湯を使うようにしましょう。

なぜなら、熱湯を使うことで壊れてしまう栄養素があるからです。

私たちが料理を作る時にも、低温調理をした方が栄養素を無駄なく摂取できるといいますよね。

ドッグフードに含まれている栄養素も人間と同じ食材が使われていることが多いので、高温の熱湯ではなくぬるま湯を使うようにしましょう。

できれば、一度沸騰させたお湯を冷ましてから使うのが良いですよ。

ふやかしたお湯も一緒に与える

水溶性ビタミンなど、栄養素には水に溶ける性質を持った栄養素があります。

そのため、ドライフードをお湯でふやかすと栄養素がお湯に流れ出てしまいます。

流れ出た栄養素を捨ててしまうのはもったいないので、ドライフードをふやかすのに使ったお湯も一緒に与えるようにしましょう。

ドライフードの味がついたお湯は、犬も好んで食べますよ。

ドッグフードを浸したお湯は、美味しい味がして大好きなんだ♥

当日中に食べきる

ドライフードをふやかしたら、当日中に全て与えるようにし、作り置きはしないようにしましょう。

できれば、1回の食事ごとにドライフードをお湯でふやかして与えると良いですよ。

ドッグフードの水分量が増えてしまうと腐敗も進みやすくなります。

毎食作るのが大変という方は、ウェットフードを上手く組み合わせて与えてみましょう。

ドライフードに比べると防腐剤などの添加物が増えてしまいますが、どうしても用意できない時の手段としてウェットフードに頼ってみましょう。

ドライフードをふやかすメリット

ドライフードをふやかすのは、いくつかメリットがあります。

  1. 消化が良くなる
  2. 水分補給もできる
  3. 食欲増進
  4. 老犬の食事に最適
  5. ダイエット中の犬にも◎

以上の5つについて詳しく解説していきます。

消化が良くなる

ドライフードをふやかすことで消化が良くなるため、消化器官が未発達な子犬の食事に適しています。

ドライフードの水分量は約10%ほどしかないドッグフードがほとんど。

水分量が少ないことで保存が効くというメリットもありますが、その分消化するには少し困難になります。

人間も風邪で体が弱っている時には、消化の良いおかゆを食べますよね。

水分を一緒に摂取すると、食事の消化を助けることができますよ。

どんな犬種でも子犬の時期は歯も消化器官も発達していないから、成犬と同じ食事はできないんだ。

水分補給もできる

ドライフードに含まれる水分も一緒に食べるということは、水分補給もできているということになります。

犬は体重の約60~70%を水分が占めています。

そして、そのうちの約10%が不足しただけでも死に至る可能性があるほど、犬にとって水分補給はとても重要なことになります。

人間の子どものように「お水を飲んで」と言っても犬は水を飲んでくれないので、水分をあまり取らない犬は、ドライフードにお湯を含ませて与えるようにしましょう。

食欲増進

実際にドライフードをふやかすとわかりますが、かなりドッグフードのにおいが立ちます。

このにおいが犬の食欲を掻き立てて食欲を増進させることができます。

食欲が落ちてきたり、同じドッグフードでも食いつきが悪いようになったら、お湯でふやかして与えると食べてくれることがありますよ。

老犬の食事に最適

噛む力が弱まり、消化機能も低下したシニア犬の食事にもふやかしたドライフードはぴったりです。

ドライフードをふやかすことで少しの力でも噛むことができ、胃腸の消火活動の負担も減らすことができます。

また、シニア犬になると食欲も低下してしまうため、においを立たせることで食欲をかき立たせることができますよ。

ダイエット中の犬にも◎

ドライフードと一緒に水分も摂取できるため、満腹感がアップします。

私たちも食事中にお水やお茶を飲むことで、お腹を満たすことができますよね。

水にはカロリーがないので、ダイエット中のワンちゃんの食事に適しています。

お腹がいっぱいでダイエットできるなら嬉しいな!

ドライフードをふやかすデメリット

ドライフードをふやかすのは、メリットだけでなくデメリットもあります。

生活スタイルや犬の性格に合わせてメリットとデメリットを比較してみてください。

  1. 手間がかかる
  2. 虫歯になりやすくなる

手間がかかる

毎食事ドライフードをふやかすとなると、飼い主側の手間や時間の負担になってしまいます。

お留守番用の餌やり機では、ドライフードしか与えられないことも多く、日中家を空ける家庭ではふやかしたドライフードを与えるのが困難なこともあります。

カリカリのドライフードを食べられない子犬に無理やりカリカリのドライフードを与えるのは良くありませんが、犬の成長に合わせてカリカリのドライフードへ切り替えることも大切です。

ちょっと面倒くさいけど、子犬時期だけなら頑張れそう。

虫歯になりやすくなる

ドライフードをふやかすことで粘着力が増し、歯にドッグフードが残りやすくなり虫歯や歯石の原因となってしまいます。

人間は1週間ほどで歯石化しますが、犬は48時間で歯石化すると言われています。

朝昼晩歯磨きをしていても私たちは歯石が溜まってしまうのに、犬にはそれ以上のお手入れが必要となってしまいます。

とはいえ、1日に何度も犬に歯磨きをさせるのは難しいので、歯磨きガムやおもちゃを使って歯を清潔に保つようにしましょう。

ふやかしたドライフードを愛犬に与えてみよう!

特に子犬時期はふやかしたドライフードを与えることで消化しやすくなり犬の負担を減らすことができます。

ただ、ふやかす手間や時間がかかり飼い主の負担になるようなら、徐々に硬いドライフードに移行したり市販のウェットフードを併用してみると良いでしょう。

以上、「ドライフードをふやかす方法とメリット・デメリットを解説!」について紹介しました。

コメント

  1. […] ドライフードをふやかす方については、下の記事を参考にしてください。 […]

  2. […] ドライフードをふやかす方法とメリット・デメリットを解説! 子犬時期に… […]

  3. […] ドライフードをふやかす方法とメリット・デメリットを解説! 子犬時期に… 鹿肉が犬に与える7つの効果がすごすぎる! 犬を飼っている知り合いから鹿肉を薦められたけど、どんな効果があるんだろう? 「犬に鹿肉を与えると良い」ということを聞いたことはありませんか? 実際に鹿肉を食べさせてあげると犬には様々な良い効果が期…totalpet.net2019.12.12 国産の鹿肉が格安の980円!高品質なベニソンドッグフードとは?国産の鹿肉が980円で買えるshishikaのベニソンドッグフードをご存知ですか? 淡路島産の鹿肉を100%使った無添加の鹿肉ドッグフードで、他の鹿肉ドッグフードとは食いつき具合が全く違う!と話題のドッグフードなんです。 国産の…totalpet.net2019.12.10 基礎知識 食事 シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー しおりをフォローする しおり イヌクラ […]

タイトルとURLをコピーしました