鹿肉が犬に与える7つの効果がすごすぎる!

肉・魚

犬を飼っている知り合いから鹿肉を薦められたけど、どんな効果があるんだろう?

犬に鹿肉を与えると良い」ということを聞いたことはありませんか?

実際に鹿肉を食べさせてあげると犬には様々な良い効果が期待できます。

具体的にどんな効果があるのか詳しくまとめました。

スポンサーリンク

鹿肉を犬に与えると期待できる効果

  1. 肥満対策
  2. アレルギーになりにくい
  3. 毛ツヤが良くなる
  4. 脳の活性化
  5. シニア犬の栄養補給
  6. 貧血予防
  7. 便が臭くなりにくい

以上7つの効果について詳しく解説していきます。

効果1:肥満対策

鹿肉 牛肉 豚肉
エネルギー 147 317 253
タンパク質 22.6 17.1 17.1
脂質 5.2 25.8 19.2
鉄分 3.1 2.0 0.6
ビタミンB1 0.21 0.24 0.63
ビタミンB2 0.32 0.17 0.23
ビタミンB6 0.55 0.35 0.28
ビタミンB12 1.3 1.4 0.25

上の表のように鹿肉は牛肉や豚肉と比べて、低カロリー・低糖質・高たんぱくのヘルシー食材なんです。

そのため、食事量はそのままに総カロリー摂取量を減少させることができます。

肥満の犬にはドッグフードを少量減らして調整している方も多いですが、鹿肉に置き換えると犬の満足度を高めながらも肥満対策の効果も期待できますよ。

牛肉や豚肉と比較すると鹿肉はダントツで栄養素が高いんだね。

効果2:アレルギーになりにくい

牛や豚、鶏などの家畜は感染病のリスクからどうしても抗生剤などを投与しなければならなくなり、この抗生剤などがアレルギーを引き起こす1つの原因となっています。

一方で、鹿は家畜とは違い、自然の木の実や動物を食べて生活しています。

そのため、鹿肉を与えることは間接的に犬が抗生剤を摂取しなくなりアレルギーの原因を回避することができるんです。

鹿肉を食べていれば100%アレルギーにならないとは言い切れませんが、鹿肉は家畜の肉よりもアレルギーになりにくいといえるでしょう。

ただし、鹿肉は牛肉と似た構造を持ため、すでに牛肉アレルギーになっている犬に鹿肉を与えるのは控えた方が良いです。

全ての犬がアレルギーにならないわけじゃないけど、比較的安心できる食材だね。

効果3:毛ツヤ

犬に鹿肉を与えると毛ツヤが良くなったという口コミが非常に多いです。

それは、鹿肉に含まれているビタミンB群や不飽和脂肪酸の効果によるものです。

さらに、不飽和脂肪酸の中でも抗炎症効果のあるn-3系脂肪酸が含まれており、皮膚の赤みを抑える効果も期待できます。

効果4:脳の活性化

鹿肉に含まれる不飽和脂肪酸は、毛ツヤを良くする効果だけでなく、脳の活性化の効果も期待できます。

不飽和脂肪酸のDHAやEPAが脳の活性に良いと聞いたことはありませんか?

犬もDHAやEPAを摂取することで脳を活性化し、元気で活動的な毎日を送ることができます。

食べるだけで頭が活性化するだなんて最高だな~。

効果5:シニア犬の栄養補給

年齢を重ねたシニア犬になると、食が細くなり1回で食べられる量が減ってきてしまいます。

でも、鹿肉なら少量で良質なたんぱく質や鉄分が摂取できるため、シニア犬の栄養補給にはぴったり。

消化しやすいように鹿肉は細かくカットしたり、ミンチ上の鹿肉を与えると良いですよ。

効果6:貧血予防

鹿肉には鉄分が豊富に含まれています。

特にプードルやコッカー・スパニエルは貧血が起こりやすいと言われているため、積極的に鹿肉を与えると良いですよ。

効果7:便が臭くなりにくくなる

鹿肉には乳酸菌が含まれており、この乳酸菌には犬の腸内環境を整える効果があります。

そのため、臭い便のにおいを緩和する効果も期待できるんです。

お腹が弱く、下痢になりやすい犬にも乳酸菌が豊富な鹿肉は体質改善効果が期待できますよ。

僕たちは主に便で飼い主さんへ健康状態を伝えているから、便は欠かさずチェックしてほしいな。

鹿肉の与え方

鹿肉は加熱してから犬に与えるようにしましょう。

生肉の状態で与えると食中毒やE型肝炎などのリスクがあります。

加熱すると栄養素が壊れるという意見もありますが、多少栄養素が減ったとしても起こり得るリスクを回避する手段を取るようにしましょう。

高温で加熱する電子レンジ調理ではなく、軽くボイルするのが良いですよ。

詳しい犬に与える時の鹿肉の加熱方法については、下の記事にまとめています。

良質な鹿肉の選び方

  1. 国産鹿肉を使用している
  2. ヒューマングレードの施設で加工している
  3. 添加物不使用。

犬に鹿肉を与える時には上の3つのポイントをチェックするようにしましょう。

鹿肉は間接的に抗生剤などの薬剤を摂取しないのが大きなメリットなのに、ドッグフード加工の工程で添加物が使用されていると安心とは言えません。

必ず原材料を確認するようにしましょう。

shishikaのベニソンドッグフード淡路島産鹿肉100%を無添加加工しているので、安心して犬に食べさせてあげることができます。

国産鹿肉を使ったベニソンドッグフードについて詳しくは、下の記事にまとめています。

鹿肉ならなんでもいいわけじゃないんだね。

980円なら試してみようかな♪

犬に鹿肉を与えることは良い効果がたくさん!

犬の食事に鹿肉を加えると良い効果を多く実感することができます。

何より、先祖がオオカミやジャッカルと言われる犬は、鹿肉を好んで食べるので食いつきがかなり良くなりますよ。

ぜひ、愛犬に鹿肉を食べさせてあげてくださいね。

以上、「鹿肉が犬に与える7つの効果がすごすぎる!」について紹介しました。

コメント

  1. […] […]

  2. […] 鹿肉を犬に与える効果はたくさんあるので、食べさせてあげる努力をしてみましょう。 […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

タイトルとURLをコピーしました