犬が鹿肉を食べない時の対処法3つ!食べない理由も一緒に解説!

肉・魚

鹿肉を飼ってみたけど、うちの愛犬が食べなくて困ったなぁ。

食べない理由と食べない時の対処法が知りたい。

このようなお悩みを抱えている方はいませんか?

鹿肉は犬にとって必要な栄養素をたっぷり含んでおり比較的犬が好む食材ですが、まれに鹿肉を食べない犬もいます。

なぜ犬が鹿肉を食べないのか?食べさせるために飼い主ができる対処法についてまとめました。

スポンサーリンク

犬が鹿肉を食べない理由とは?

犬が鹿肉を食べない時の理由は大きく分けて3つあります。

  1. 慣れていない
  2. 鹿肉が臭い
  3. 体質に合わない

それぞれ解説していきます。

犬が鹿肉を食べない理由1:慣れていない

慣れていない食べ物を食べる時、警戒して食べない犬が多いです。

鹿肉は犬が好むにおいの食材なので初めてでも食べやすいのですが、普段はドライフードのみをあげている犬の場合は特に警戒することがあります。

犬が鹿肉を食べない理由2:くさい

狩猟した鹿の血抜きのタイミングが遅れると、鹿肉はくさくなってしまいます。

くさくなった鹿肉は、犬の食欲を掻き立てる鹿のにおいではなく、不快に感じるにおいのため臭い鹿肉を食べない犬は多いです。

鹿は家畜の牛や豚とは違い、狩猟してから血抜き処理をするまでの環境が整っていないことが多く、臭い鹿肉が出回ってしまうことがあります。

また、処理の難しさから狩猟された鹿の約5%しか人間用の食肉として出回らないと言われており、人間用として使えない鹿肉が犬用ドッグフードとして利用されていることはよくあることなんです。

良質な鹿肉を犬に与えたい時には、人と同じレベルの処理施設を利用しているかどうかもチェックしておきましょう。

犬が鹿肉を食べない理由3:体質に合わない

鹿肉は栄養価が高く、消化にエネルギーを使います。

そのため、体力の少ないシニア犬や子犬は鹿肉が食べられない・食べない犬が多いんです。

いきなり栄養価の高い鹿肉に切り替えるのは消化器官に負担がかかるので、徐々に切り替えるようにしましょう。

どんな犬にも合う食べ物ってきっとないと思うなぁ。

犬が鹿肉を食べない時の対処法とは?

鹿肉が体質に合わないなら無理に食べさせる必要はありませんが、食わず嫌いになっているなら次の対処法で少しずつ鹿肉を食べさせてあげましょう。

  1. 加熱する
  2. 手で上げる
  3. 形状を変える

鹿肉を犬に与える効果はたくさんあるので、食べさせてあげる努力をしてみましょう。

犬が鹿肉を食べない時の対処法1:加熱する

鹿肉を温めると食欲を掻き立てるにおいが立って、食いつきがよくなることもあります。

また、鹿肉を生のまま与えるのは、食中毒やE型肝炎のリスクがあり、日本獣医学会も生食をすすめていません。

さっとお湯にくぐらせて加熱させるようにしましょう。

ドライフードタイプの鹿肉の場合は、お湯に浸してふやかしてあげると良いですよ。

犬が鹿肉を食べない時の対処法2:手で上げる

鹿肉に限らず、他の食材を食べない時も飼い主が手で上げることで犬が食べてくれることがあります。

知らない食べ物に警戒して食べない場合は、飼い主から直接もらうことで警戒を解くことができます。

エサ皿から少量だけ手に取り、犬の口の前に持っていけばパクッと食べてくれますよ。

大好きな飼い主さんから手渡しされると安心して食べられるんだ。

犬が鹿肉を食べない時の対処法3:形状を変える

ドライフードタイプの鹿肉であれば、生の鹿肉タイプを。

生の鹿肉タイプであれば、ドライフードタイプの鹿肉ドッグフードに切り替えてみると食べてくれることもあります。

ただ、ドライフードは製造過程で高温を使用することが多く、鹿肉の栄養が損なわれている可能性があります。

できれば生の鹿肉を家庭で低温調理するのが良いですが、犬の好みに合わせて使い分けてみましょう。

犬が鹿肉を食べない時の対処法を試してみよう!

鹿肉を食べない犬に無理やり食べさせる必要はありませんが、工夫次第で食わず嫌いを解消できるならやってみる価値はあります。

犬に鹿肉を与えて、元気で健康な生活を送ってくださいね。

以上、「犬が鹿肉を食べない時の対処法3つ!食べない理由も一緒に解説!」について紹介しました。

コメント

  1. StepdaB より:

    Cheap Dutasteride Secure Ordering Drugs Store On Line [url=https://cheapcialisir.com/#]Cialis[/url] Viagra O Cialis Online buy real cialis online 104 Vigra

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました